カテゴリー別アーカイブ: 未分類

TG-アフィリエイトから警告が来たわ。

抵触する規約ってのがこれ

■第2条(登録)

3.当社は、次の各号のいずれかに該当する者に対しては、その登録を
 拒絶することができる。

(1) 自らまたは第三者を利用して、当社、代理店またはマーチャントに対し、
  暴力的行為、詐術、脅迫的言辞、業務妨害行為などの行為をした者。

(2) 自己またはその役員ないし使用人が、暴力団、暴力団員、暴力団関係
  企業・団体またはその関係者、その他反社会的勢力(以下、あわせて
  「反社会的勢力」という。)である者。

(3) 反社会的勢力と交流、資金・便宜の提供、取引等を行っている者。

(4) 過去に第3条第2項各号のいずれかの事由により強制登録解除処分を受けた者。

(5) ねずみ講、マルチ商法、ネットワークビジネス等に関わる者、またその情報紹介
  を行っている者。

(6) その他当社が登録を不適当と認めた者。

4. 当社は、次の各号のいずれかに該当する内容のアフィリエイトサイト等の登録を
  申請し た者に対しては、その登録を拒絶することができる。

(1) アダルトコンテンツ、反社会的もしくは公序良俗に反する表現または
  内容を含むもの。※1

(2) 第三者の知的財産権等の権利を侵害する表現または内容を含むもの。

(3) 第三者の名誉・プライバシー・肖像権その他の権利を侵害するおそれのある
  表現または内容を含むもの。

(4) 関連法令等に違反した表現または内容を含むもの。

(5) 閲覧にIDまたはパスワードを必要とする等特定の者しか閲覧できない
  ページを含むもの。

(6) 第1号から前号までのいずれかに該当するウェブページへのリンクを
  有するもの。

(7) その他当社が登録を不適当と認めたもの。

 ※1:ブログをご利用の場合、コメント欄やトラックバック欄などに
    表示される場合も含まれます。

暴力なんか振るってないし、反社会的勢力じゃないし関係ないし一体何のこっちゃ?

TG-アフィリエイトが登録を不適当と認めた者、ッて言われちゃ身もふたもないんやけどさ。

で改めて問合せをしてみた。

で、来たのがこれ。

ご登録サイトにおきましては、弊社規約の下記に抵触するコンテンツの
掲載があるとし、修正をお願いいたしております。

————————————————————————-
(2) 第三者の知的財産権等の権利を侵害する表現または内容を含むもの。

(3) 第三者の名誉・プライバシー・肖像権その他の権利を侵害するおそれのある
   表現または内容を含むもの。
————————————————————————-

要するに映画公開時のポスターやテレビのキャプチャが問題らしい。

ところで反社会的勢力ってのはなんやったんやろ?いい加減なチェックしてるんやなって思たわ。

映画の話題取り上げるのに、ブログの見栄えとか含めて無くてはならないと思ってるので載せてるので、そんな目くじら立てることか?ってのもあるし、今更っていうのもあるしな。

こんなんみんな納得してるんやろか?

で、どうしょうかとおもってたけど、よう見てみたらTG-アフィリエイトって全くコード貼り付けてなかったわ。なので収益も0。

なんで、即退会したわ、バイバイ(^_^)/~。

表記URLとリンク先が違ってても大丈夫?

広告作成するとき表記URLとリンク先を入力する箇所がありますよね。

これって別々にできるんですかね?

今までそんなコトすることはなかったのですが気になってやってみました。

そしたら問題なく作成できました。

ということは配信できる可能性があるという事?

ダメならチェックで弾けばいいわけだし

で、聞いてみた。

Google AdWords

○作成できる

×審査で落とされる。

コメント:これもちょっと信用出来ない回答なんだな~。

 

Yahooスポンサード

○作成できる

△中身が問題ない(表記URLとリンク先の中身が乖離していない)と判断されれば審査は通る。詳細な内容は非公開、お応えできない。

コメント:スタッフさんはURLはブランドとして利用しているところもあるので、というようなことをいってましたね。

例えば

表記:apple.jp

リンク先:iphone.jp

みたいなの

※あくまで例です